IT未経験からWeb系エンジニアに転職するなら学ぶべきプログラミング言語7つを徹底解説

web系プログラミング言語

「Web系エンジニアになりたいけど、どのプログラミング言語を学べばよいんだろう?」

プログラミング言語は無数にあります。もちろん、どれでも同じと言う訳ではありません。

本記事では未経験者が学びやすく、転職するのに役立つプログラミング言語をご紹介します。

本記事の内容

  • Webサイト開発で利用されるプログラミング言語にどのようなものがあるのか?
  • 未経験者が学ぶのに、おすすめのプログラミング言語は何か?
  • 未経験者がプログラミング言語をどのように学べば良いのか?


未経験からのエンジニア転職の全体像については「【6ステップで解説】未経験からエンジニア転職へのロードマップ」も合わせてご覧ください。

この記事を書いた人
運営者
カエデ

<プロフィール>
富士通でSEを5年、リクルートでWebエンジニアを10年
リクルートでリクナビNEXT担当だったため、転職業界に精通
現在は事業会社のIT部門責任者で採用面接の責任者

IT業界は適切に努力すれば、キャリアアップ・年収アップできます。そのコツやポイントをお伝えします。

記事に無関係でも疑問・相談は匿名でここから質問をくださいね。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

目次

Web開発で使われるプログラミング言語7選

Web開発で使われる主なプログラミング言語は以下の7つです。

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • Java
  • PHP
  • Ruby
  • Python

それぞれのプログラミング言語について説明します。

HTML/CSS

HTML(エイチ・ティー・エム・エル)はWebサイトの画面制作を行うために使います。この画面もHTMLで作られています。

CSS(シー・エス・エス)はデザイン設定に使用します。フォントの色や大きさ、行間などデザインに関連するものは全てCSSで指定できます。

HTML/CSSはWebサイト作りでは画面制作のために必ず必要になります。

JavaScript

JavaScript(ジャバスクリプト)はWebサイトの画面に動きを付けるのに使われます。

例えば、このサイトの右下には画面トップに戻るマークが表示されますが、この機能はJavaScriptで作られています。

HTMLとCSSだけでは画面に動きを出せません。動きを出すためにはJavaScriptが必要になります。

Java

Java(ジャバ)は比較的大規模なWebサイト開発に利用されます。

IT系企業の求人も最も多いです。しかし、PHPやRubyと比較して習得難易度がやや高めです。

なお、名前は良く似ていますが、JavaScriptとは全く関係ありません。

PHP

PHP(ピーエイチピー)はWebサイト開発に最も利用されているプログラミング言語の一つです。

未経験者でも比較的習得しやすいことも人気の理由の一つです。

Ruby

Ruby(ルビー)はWeb系ベンチャー企業で良く使われているプログラミング言語です。

「まつもとゆきひろ」さんと言う日本人が開発したプログラミング言語としても有名です。

また、初心者が最も習得しやすいプログラミング言語の一つです。「Ruby On Rails」と言う開発補助ツールを利用することで、初心者でもWebサイト開発を簡単にできるのが特徴です。

Python

AI(人工知能)アプリの開発に利用できることでも注目を集めるPython(パイソン)ですが、Webサイト開発も行えます。

Pythonを習得すれば、Webサイト開発だけではなく、AI(人工知能)開発で活躍の場が広がるチャンスです。

未経験からWeb系エンジニアになる際のおすすめのプログラミング言語

7つのプログラミング言語をご紹介しました。

未経験から学ぶのにおすすめのプログラミング言語をご紹介します。

HTML/CSS、JavaScriptは必須

Webサイト開発には、HTML/CSS、JavaScriptは必ず必要になります。

HTML/CSSで画面を作り、それにちょっとした動きをJavaScriptで加えます。

PHPまたはRubyがおすすめ

HTML/CSS、JavaScriptに加えて、PHPまたはRubyを学びましょう。

HTML/CSS、JavaScriptでちょっとした動きのあるWebサイトができます。

このWebサイトに様々な機能を追加するために、PHPまたはRubyが必要になります。例えば、ログインや検索などがPHPまたはRubyで開発が必要な機能です。

PHPまたはRubyをおすすめしているのは初心者にとっては学習しやすく、良く利用されているプログラミング言語だからです。

PHPまたはRubyをおすすめする理由

初心者にPHPまたはRubyをおすすめする理由は比較的簡単で、一定の需要があるためです。

PHPまたはRubyは初めてプログラミングを学ぶのに向いている言語

プログラミングをはじめて学習するなら、挫折しにくい簡単な言語を選ぶと良いです。

プログラミング学習では挫折して途中で諦めてしまう人が多いためです。そのため、最初は簡単な言語を選ぶと良いです。

その点、PHPまたはRubyは初心者でも学習しやすい簡単な言語なのでおすすめです。

PHPまたはRubyはWeb開発によく使われている言語

これはIT系求人で求められるプログラミング言語の調査結果です。

この結果から明らかなようにPHPまたはRubyは良く使われています。

Javaは初心者が学ぶには難しいプログラミング言語

IT系求人で求められるプログラミング言語の一位はJavaでした。

そのため、Javaを学ぶのが良いのでは?と言う疑問が出ると思います。

しかし、Javaは初心者が学ぶには難しすぎます。

私はC言語/Javaを最初に学んだのですが、職場の先輩方に質問したり、たくさんの本を買ったりして、どうにか、習得しました。本当に苦労しました。

今、はじめてWeb系言語を学ぶなら迷わず、簡単なPHPまたはRubyを選びます。

Javaはその次に学ぶとよりスムーズに習得できると思います。

未経験からWeb系エンジニアになるならプログラミングスクール受講がおすすめ

未経験者からWeb系エンジニアになるには、PHPまたはRubyと、HTML/CSS、JavaScriptがおすすめです。

その学習方法についてですが、独学はおすすめしません。一人で勉強していると、多くの人が挫折してしまうからです。
 関連>> プログラミング独学できるのか?無理なのか?挫折のポイントとは?

そのため、費用は掛かりますが、プログラミングスクール受講をおすすめします。

まとめ

  • Webサイト開発には、HTML/CSS、JavaScriptとPHPまたはRubyを学ぼう
  • プログラミング言語の学習にはプログラミングスクール受講をしよう

プログラミング言語を学び、Webサイト開発ができるスキルを身に付ければ、Webエンジニアになれます。

プログラミングスクールでは3~6ヶ月の学習でプログラミング言語を習得できます。

プログラミングスクールについては以下の記事を参考にして下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる