【苦行】ITの運用保守はきつい・つまらない! 今すぐ、脱出せよ

システムの運用保守の仕事が「つまらない」・「つらい」と思う人はたくさんいます。実際に別職種に転職する人も多いのが実態です。

では、運用保守の仕事の何が「つまらない」・「つらい」のでしょうか?

本記事では運用保守の仕事が不人気の理由を明らかにするとともに、キャリアチェンジの進め方を説明します。

この記事を書いた人
運営者

<プロフィール>
富士通でSEを5年、リクルートでWebエンジニアを10年
リクルートでリクナビNEXT担当だったため、転職業界に精通
現在は事業会社のIT部門責任者で採用面接の責任者

IT業界は適切に努力すれば、キャリアアップ・年収アップできます。そのコツやポイントをお伝えします。

目次

ITの運用保守とはIT業界の底辺

ITの運用保守とは、アプリケーション・サーバー・ネットワークが安定的に稼働するように管理する仕事です。

本記事では、システムの運用保守の一部を担い、「つまらない」・「つらい」と言う声をよく聞く、動作確認や監視業務を行うオペレーター業務について説明します。

率直に言って、オペレーター業務は誰にでもできる仕事でIT業界の底辺と言っても差し支えないでしょう。
 関連>> 【選び間違えるな】将来性のない仕事・ある仕事の違いと特徴

ITの運用保守がつまらない・きつい・ストレスがたまる6つの理由

ITの運用保守がつまらない・きついなどと言われる6つの理由を説明します。

勤務時間が不規則

システムは24時間365日、稼働しています。そのため、オペレーター業務もシフト体制を組んで24時間365日、稼働しています。

シフトが流動的に組まれるため、慣れていても体調を崩す人がでてきます。

勤務時間が不規則と言う点がオペレーター業務が敬遠される最も大きな理由と言えるでしょう。

低年収

年収は200万円台からスタートして上がっても400万円程度とIT業界では低年収です。

オペレーター業務の費用は変わっていないため、今後、年収が上がる可能性も低いでしょう。

オペレーター業務では結婚できないと言う愚痴をよく聞きます。

将来性がない

こう言ったオペレーター業務はどんどん、システムによる自動化が進んでいます

筆者の会社も運用監視業務に以前は月に数百万円を支払っていましたが、現在はシステム化することで月額数万になっています。

手順が決まったルーティンワークはIT化されやすいため、近い将来、業務自体がなくなる可能性が高いと言えるでしょう。

怒られることはあっても褒められない

ルーティンワーク系の業務はミスをすると怒られますが、褒められることはありません。

なぜなら、キチンとやって当たり前だと思われているからです。これではモチベーション維持は困難と言えます。

スキルが身につかない

オペレーター業務は特定の手順に沿って行う機械的なものが多いため、スキルが身につきません。また、IT化がどんどん、進んでいます。

つまり、スキルが身につかないだけではなく、どんどん、無くなりつつあるのです。

ルーティンワークで楽だけど、つまらない

ルーティンワークなので楽な仕事だと言えます。深夜帯などは見張り役として職場にいる必要はありますが、やることがなく、暇だったりもします。

そのような仕事なので、やりがいはなく、つまらないと言えるでしょう。

運用保守を続けてもお先真っ暗

運用保守の中でも特にオペレーター業務だけをやっている場合、将来的なことを考えると以下のような問題があります。

  • IT化で仕事自体がなくなりつつある
  • 何年続けてもスキルが身につかない
  • 収入が上がらない
  • 40代になると転職もできない
  • 夜間勤務で体調不良になることも

オペレーター業務は続けてもスキルが身につかず、収入が上がらず、40代になると転職もできなくなります。

おまけに、IT化で仕事自体がなくなりつつあるのです。

率直に言って、今すぐに転職した方が良いでしょう。

スキルを身に付けてインフラエンジニア or プログラマーにキャリアアップしよう

未経験転職でも20代でIT系なら年収維持・アップを狙え、生涯年収アップは確実

オペレーター業務を続けてもお先真っ暗なので、転職した方が良いでしょう。

スキルを身に付けて未経験からでもなれるインフラエンジニアまたはプログラマーに転職することをおすすめします。IT業界自体は成長しており、将来性抜群の業界だからです。
 関連>> IT未経験でのエンジニア転職は厳しい?理由と対処法を徹底解説!

インフラエンジニアとは?

インフラエンジニアとは、アプリケーションの動作環境である、サーバーやネットワークの設定を行う仕事です。サーバーやネットワークの機器を扱います。

一方、サーバーやネットワーク機器をインターネット経由で利用できるクラウドサービスが急成長しています。このクラウドサービス上でサーバーやネットワークを利用するクラウドエンジニアは将来性豊かなのでおすすめです。
 関連>> 「インフラエンジニアやめとけ」と言う声はチャンスかも!

プログラマーとは?

プログラマーとは、アプリケーションを開発する仕事です。

アプリケーションには様々なものがありますが、例えば、Lineやインスタグラム、Amazonのサイトなどです。

インフラエンジニアとプログラマーのどちらが良い?

インフラエンジニアとプログラマーのどちらが良いのかは人それぞれですが、転職しやすいのはインフラエンジニアです。

インフラエンジニアはITに関する様々な知識を覚えることが必要になるので努力すれば、どうにかなります。

一方、プログラマーが行うプログラミングは独学の場合、挫折率9割と言われています。そのため、プログラミングスクール通学は必須と言えます。

就職難易度勉強量
インフラエンジニア簡単150時間程度
プログラマーやや難しい300時間以上

インフラエンジニア・プログラマーのどちらに転職する場合もプログラミングスクールに通った方が良いでしょう。特にプログラマーは独学では挫折するだけなので、やめておきましょう。
 関連>> インフラエンジニアと開発(プログラマー)はどっちがいい?両方を試すのがおすすめ

なお、プログラマーの方が就職難易度は高いですが、盲点なのがiphoneアプリのプログラマーで、知名度が低いせいで競争率が低く、高年収を目指せます。おすすめはiOSアカデミアです。
 iOSアカデミア 【公式】https://ios-academia.com/lp/

未経験のエンジニア転職におすすめのプログラミングスクール7校を紹介します。いずれも無料の説明会を実施ているので是非、参加して情報収集して下さい。

プログラマカレッジ
 【公式】https://programmercollege.jp/
20代で正社員経験1年以上あれば無料で利用でき、Java(メイン)/PHPを2~5ヶ月掛けて学習する。転職サポートも充実。

ネットビジョンアカデミー
 【公式】https://www.netvisionacademy.com/lp/tokyo/
18~31歳であれば無料で利用でき、2ヶ月でネットワークエンジニアになれる。CCNAと言う資格も取れるので、転職成功率98%。地方在住者のためにシェアハウス最大3ヶ月無料。

iOSアカデミア
 【公式】https://ios-academia.com/lp/
35歳以下で499,800円(ローン返済可能)で受講でき、iPhoneアプリ(iOS)エンジニアになれる。iOSエンジニアは自社開発(Web系)・受託開発(SIer)よりも競争率が低く、高年収を目指せる。

TechAcademy Pro
 【公式】https://techacademy.jp/pro/jobchange-bootcamp
20~32歳が131,340円~から受講でき、Javaを4ヶ月掛けて学習する。転職・就職に失敗すると返金あり。経済産業省認定講座で日本e-Learning大賞等、教材には定評がある。

DMM WEBCAMP COMMIT専門技術コース
 【公式】https://web-camp.io/commit/lp/
20代が385,880円で受講でき、Rubyを4ヶ月掛けて学習する。転職・就職に失敗すると返金あり。経済産業省認定講座でカリキュラムは高品質、就職・転職率は98%。

テックキャンプ エンジニア転職
 【公式】https://tech-camp.in/expert/
20代に加え、30代も197,340円~から受講でき、Rubyを3~4ヶ月掛けて学習する。 転職・就職に失敗すると返金あり。 夜間・休日中心の6ヶ月コースもあり。

RUNTEQ
【公式】https://runteq.jp/
卒業時点35歳未満が条件、受講料437,800円 でWeb系(自社開発)希望者には特におすすめ。Web系開発企業内定率は驚異の98%。9ヶ月1,000時間のハードな学習で高度な卒業制作ポートフォリオを開発できるスキルを習得可能。

おすすめのプログラミングスクールを上げるので、無料の説明会に参加して情報収集すると良いでしょう。

もし、インフラエンジニア・プログラマーの両方を勉強したうえで、職種を決めたいなら、RareTECH(レアテック)がおすすめです。

通常のプログラミングスクールは入学時にプログラマーか、インフラエンジニアかを選ぶ必要があります。しかし、RareTECH(レアテック)では両方を勉強したうえで向いていると感じた方を選べます

主な特徴は以下の通りです。

  • 年収600万円以上のエンジニアを目指すカリキュラム
  • 月額制なのでいつでも辞められる
  • インフラも開発も学習するため、カリキュラムは最長2年(半年くらいから卒業生が出る)
  • インフラはネットワーク/サーバー/クラウド(AWS)、開発はPython/Go/Javascriptを学習可能
  • 入会金49,800円に月払い19,800円とコスパが良い
  • 転職実績にはDeNA、サイバーエージェント、ナビタイムなど大手Web系が並ぶ

RareTECH(レアテック)の創業者は身もふたもない現実として以下のようなことを言っています。

  • 一般的なプログラミングスクールの3ヶ月の学習では基礎知識が身につかない
  • 高年収のエンジニアには、インフラエンジニア・開発(プログラマー)の両方の知識がある程度、必要である
  • インフラエンジニア、開発(プログラマー)を学んだうえでどちらにするのかを選んだ方が良い
  • 最長2年で基礎から応用まで学び、一般のスクールでは身につかないレベルのスキルが身につく

一般のプログラミングスクールのように3ヶ月のカリキュラムでは大したスキルは身につきません。スポーツなどでも、3ヶ月でできるようになった!とはなりません。

基礎から応用まで身に付き、インフラ・クラウド・開発を学べ、自分に合う方を選べるRareTECH(レアテック)はおすすめのプログラミングスクールです。

\ 月額19,800円で年収600万円のエンジニアを目指す /

クラウドエンジニア、プログラマーのスキルが身につく

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次