【75人の受講生の本音】テックキャンプ(TECH CAMP)の口コミ・評判とメリット・デメリット

口コミ・評判

「ネット上で悪評も聞くテックキャンプは実際どうなの?」


最大の生徒数を誇り、高額なプログラミングスクールであるテックキャンプには賛否両論あります。


本記事ではテックキャンプ創業以来の口コミ・評判を分析して、典型的だと思われる75人の受講生の口コミを整理して、メリット・デメリットが分かるようにしています。


テックキャンプに興味があるけど、自分に合うかどうか気になる人は本記事を最後まで読んで下さい。

転職するときには転職エージェント・転職サイトを併用するのがおすすめです。こう言った転職ノウハウについては「【doda評判】年収250万円アップした30代後半での3年掛かりの異業種への転職成功秘話」で詳しく説明しています。是非、ご覧ください。

  1. テックキャンプ(TECH CAMP)の基本情報と特徴
  2. テックキャンプ(TECH CAMP)のデメリット、悪い評判・口コミ
    1. 料金が高い
    2. 成果が出るかどうかは結局、自分次第
    3. 途中離脱する人は結構いる
    4. メンターやキャリアアドバイザーの質にはバラつきがある
    5. 学習スケジュールがタイト
    6. 仕事をこなしながら学習を進めるのは厳しい
    7. カリキュラムが応用編になると急に難易度が上がる
    8. カリキュラムが応用編になると質疑がオンラインになる
    9. カリキュラム以外の質問ができない
    10. 理解に時間のかかる人には、Progateでの事前学習がおすすめ
    11. 30代未経験での転職は大変
    12. テックキャンプから紹介される求人は良いが、スクール内の競争率が高い
    13. 夜間コースだと同期の仲間ができにくい
    14. 評判の良かったチーム開発が無くなった
  3. テックキャンプ(TECH CAMP)のメリット、良い評判・口コミ
    1. 挫折しづらい、やり切れるための仕組みが整っている
    2. メンターの初心者の気持ちに寄り添った指導がありがたい
    3. キャリアアドバイザーが凄く良かった
    4. 教材が分かりやすい
    5. 教室では強制的に勉強できる
    6. 教室では対面で質問できるのが最高
    7. オンラインの質問機能が良い
    8. ともに頑張る仲間と出会えてよかった
    9. 30代未経験の受講生が結構いて、転職成功している
    10. テックキャンプでは自走するエンジニアになれる
    11. 努力の方法を知った
    12. 返金保証のある最初の2週間で合わないと感じて辞める人もいる
    13. テックキャンプに通って良かった
  4. 無料カウンセリングがおすすめ

テックキャンプ(TECH CAMP)の基本情報と特徴

コース名エンジニア転職
受講条件20-30代であること
料金(税込)オンライン
 一括払い657,800円
 分割払い約19,600円~/月
通学
 一括払い767,800円
 分割払い約22,900円~/月
学習できる言語Ruby
ポートフォリオ作成・あり
・カリキュラムにポートフォリオ作成の時間が取られている
 ※ポートフォリオは転職活動のアピールで使う成果物
受講方法・オンライン
・通学
転職サポート専属キャリアアドバイザーがいる
特徴・転職保証(転職・就職に失敗すると返金される)
・30代の比率は30%
・ITエンジニア正社員への就職・転職率は99%と高い

30代を対象とした転職保証(転職・就職に失敗すると返金される)がある唯一のスクールです。


受講料金・オンライン657,800円、通学767,800円は決して安くありません。しかし、就職・転職の成功率が99%と非常に高く、内定先も優良企業が多いため、十分に元は取れます。受講生の30代比率も30%あり、安心です。

卒業生の内定先は以下の通りです。
 ・自社サービス開発:61.3%
 ・受諾開発:25.5%
 ・その他:13.2%


8割以上の方が、現役エンジニアに人気の業態に内定しているのです。

こう言った人気業態の企業から内定を貰える秘訣が
 ・600時間を超える学習教材
 ・徹底したサポート体制で挫折しない学習環境
にあります。

学習期間も以下の2つから選べます。
・仕事をしていない社会人向け:平日中心の10週間
・仕事をしながら受講する社会人向け:夜間・休日中心の6ヶ月

テックキャンプ(TECH CAMP)のデメリット、悪い評判・口コミ

テックキャンプについての様々な悪い評判・口コミを整理しています。


一括で71万円程度と高額なので(テックキャンプ エンジニア転職の場合、思ったような成果が上がらなかった場合に、悪い評判・口コミに繋がっています。


お金を払えばスキルが身について良い会社に転職できる・・・わけはなく、結局は自分次第と言う口コミもありました。


それでは具体的な悪い評判・口コミを順に見ていきましょう。

料金が高い

挫折率は9割を超えると言われていますが、独学で転職できるなら、高いお金を払ってスクールに通う必要はありません。


スクールの中でもテックキャンプは挫折させないための仕組みを作っているので、そこに価値を感じなければ他のスクールを選んだ方が良いでしょう。


色々なスクールを見比べることをおススメします。
自分に合う合わないは自分にしか分かりませんから。

成果が出るかどうかは結局、自分次第

テックキャンプが提供するのは、初心者がアプリケーションを作れるようになるための教材、挫折しづらい仕組みで、その環境の中で頑張るのは自分自身です。


お金を払えば、未経験からエンジニアになれるわけでも一定のスキルを身に付けられるわけでもありません。

途中離脱する人は結構いる

結局は本人の意思が大切で、頑張るのは自分自身と言うことですね。

メンターやキャリアアドバイザーの質にはバラつきがある

人が人に対して提供するサービスなので合う・合わないはどうしてもあります。
運悪く、合わない人に当たった場合は変えてもらうのも一つのやり方です。

学習スケジュールがタイト

短期集中型のスクールなのでスケジュールがタイトなのは仕方ありません。
短期集中型がイヤなのであれば、他のスクールを選んだ方が良いでしょう。

仕事をこなしながら学習を進めるのは厳しい

どのスクールでも、この点は同じです。
仕事を辞めて集中して学習するのが良いですが、そうできない人もいるでしょう。
そう言う人は頑張るか、学習を諦めるしかありません。

カリキュラムが応用編になると急に難易度が上がる

基礎編はテキストにある中から問題が出題されますが、応用編からはテキスト外からも出題されるため、急に難しくなったと感じる人が多いようです。


エンジニアにとって重要スキルである検索力を学ぶチャンスです。

カリキュラムが応用編になると質疑がオンラインになる

応用編になると教室に行っても質疑をオンラインでしか、できなくなります。

カリキュラム以外の質問ができない

テックキャンプとしては自分で調べる力を身に付けると言う意図があるようですが、この点をデメリットとして挙げる人は結構いました。

理解に時間のかかる人には、Progateでの事前学習がおすすめ

基礎をProgateで事前学習した方がテックキャンプでの学習もスムーズに行えると言う声は多く上がっていました。Progateと同時並行で勉強している人もいるようです。

30代未経験での転職は大変

30代未経験で転職できるのはエンジニア職くらいですが、実際に転職を成功させた人の一例を見ると多くの会社に応募していることが分かります。このくらい頑張れば、転職成功するわけです。

テックキャンプから紹介される求人は良いが、スクール内の競争率が高い

テックキャンプで紹介される求人には良いものも多くあるものの、生徒数が多いため、競争率が高くなります。そのため、求人は転職サービスを利用して探してきた方が効率が良いかもしれません。

夜間コースだと同期の仲間ができにくい

プログラミングスクールに通う目的が同期の仲間を作ることであれば、夜間コースだと作りにくいでしょう。スキルアップや転職が目的なら夜間コースでも十分に可能です。

評判の良かったチーム開発が無くなった

テックキャンプ卒業生にはチーム開発がなくなることを残念がる声があがっています。 チーム開発が個人開発になります。


チーム開発で仲間ができるメリットはあるものの、以下のようなデメリットが指摘されていました。
 ・転職の際、チーム開発の成果物を自分の成果としてアピールしづらい
 ・チームメンバーのデキる人に作業が集中し、デキない人が学ぶ機会が失われる


上記2つのデメリットはチーム開発を個人開発とすることで解決します。

その代わり、一緒に頑張る仲間の繋がりはできません。


テックキャンプの目標は受講生のスキルアップや転職成功なので上記のメリット・デメリットを比較して個人開発に切り替えたようです。

テックキャンプ(TECH CAMP)のメリット、良い評判・口コミ

挫折しづらい、やり切れるための仕組みが整っている

エンジニア講師であるメンターによる学習フォロー、ライフコーチによる進捗管理、同期との学習進捗状況の共有など、モチベーション維持しやすい仕組みが整っていることがテックキャンプ最大のメリットです。当然、その点を評価する声は多数上がっていました。

メンターの初心者の気持ちに寄り添った指導がありがたい

エンジニア講師であるメンターは受講生に近い目線で分からない人の気持ちに寄り添った指導を行い、受講生のモチベーション喚起してくれます。そのことに対する受講生の満足度は高いようです。

キャリアアドバイザーが凄く良かった

キャリアアドバイザーについては、良い人に当たると満足度は高いようです。
自分に合わない人に当たったら変えてもらうと良いでしょう。

教材が分かりやすい

教材については、全体的に見ると分かりやすいと言う評価が多いようです。

教室では強制的に勉強できる

オンラインではなく、教室で勉強する効果として、周りが勉強しているので強制的に勉強せざるを得ない、と言う環境面のメリットがあります。

教室では対面で質問できるのが最高

オンラインよりも対面の方がコミュニケーションを取りやすいと言うのもメリットですね。

オンラインの質問機能が良い

教室の方がコミュニケーションは取りやすいものの、オンラインでの質疑も行いやすくなっています。

ともに頑張る仲間と出会えてよかった

「ともに頑張る仲間との出会い」をテックキャンプに通って良かったことにあげる受講生は多数います。

30代未経験の受講生が結構いて、転職成功している

転職保証のある転職コースで30代未経験を受け入れるのはテックキャンプだけなので、30代の受講生が多く、転職成功しているようです。

テックキャンプでは自走するエンジニアになれる

テックキャンプは自走するエンジニアの育成を目標に掲げていますが、その点をメリットにあげる受講生は多いです。

努力の方法を知った

「努力の方法を知った」と言うのはかけがえのない資産になりますね。

返金保証のある最初の2週間で合わないと感じて辞める人もいる

受講開始から2週間は返金保証があるため、合わないと感じれば辞めることができます。

テックキャンプに通って良かった

最後にテックキャンプに通って良かったと言う声を集めました。
この受講生たちもネット上の賛否両論に不安を抱えながらチャレンジしてみたようです。


本記事でも紹介したように様々な評価はありますが、もし、迷うようなら無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

無料カウンセリングがおすすめ

少しでも興味を持ったら無料カウンセリングを受けましょう。
キャリアやプログラミング学習に関する情報収集のために活用すると良いです。
ネットでは収集しづらい、生の情報が得られます。