【選び間違えるな】将来性のない仕事・ある仕事の違いと特徴

将来性のない仕事と発展する業界への転職方法

「将来性のない仕事には就職したくない」
「今の仕事には将来性がないのかも・・」

このような不安を抱える人のために、以下のような内容について説明しています。

本記事の内容

  • 将来性のない仕事にはどのようなものがあるのか?
  • 今後、発展する業界とは?
  • 将来性のある仕事への転職方法

合わせて「【知らないと損する】将来性のない業界はどこだ!」も読んでみて下さい。

この記事を書いた人
運営者
カエデ

<プロフィール>
富士通でSEを5年、リクルートでWebエンジニアを10年
リクルートでリクナビNEXT担当だったため、転職業界に精通
現在は事業会社のIT部門責任者で採用面接の責任者

IT業界は適切に努力すれば、キャリアアップ・年収アップできます。そのコツやポイントをお伝えします。

記事に無関係でも疑問・相談は匿名でここから質問をくださいね。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

目次

将来性のない仕事の特徴

将来性のない仕事の特徴

将来性のない仕事とは、一言で言うと「無くなる仕事」のことです。

例えば、鉄道会社の駅員による切符切りなどが例として挙げられます。今から30年前くらいまでは電車の改札を通る際、切符を切る仕事がありました。

しかし、自動改札ができてから、そう言った仕事がなくなりました。

こう言った無くなってしまう仕事は避けなければなりません。以下のような仕事は無くなる恐れが大きいです。

  • 決まったルールに沿って行う仕事
  • 無くなる業界の仕事
  • 合理化対象になるような仕事


それぞれの仕事について以下、説明します。

決まったルールに沿って行う仕事

決まったルールに沿った行う仕事は機械やIT(特にAI)による合理化対象となります。

以下はそう言う無くなった仕事の一覧です。

仕事内容 合理化手段
駅員の切符切り 自動改札
預貯金集金人 自動振込、オンライン振込
電話交換手 電話の技術向上
タイピスト PCでの文字入力の一般化

技術革新によって、人が行っていたものを機械やコンピュータが行うようになると、そう言った仕事は無くなります。

上記以外でも、工場の組立や配送工場の荷物のピックアップなどはどんどん、人から機械に置き換わっています。

また、以下のような仕事は今後、無くなるだろうと言われています。

仕事内容 合理化手段
銀行の融資担当者 融資のAI化
保険の審査担当 審査のAI化
電話オペレーター オペレータのAI化
トラック運転手 トラック自動運転
レジ係 自動精算
ウェイトレス 接客マシン
ホテルの受付係 受付マシン

これまで同様、技術革新が肝です。

特に注目を浴びているのがAI技術や、AI技術と機械の組み合わせです。

上記は一例で弁護士業務の一部もAI化が進むと言われています。弁護士業務は法律と言うルールに沿って行うため、AIの得意分野と言えるためです。

無くなる業界の仕事

無くなる業界とは、例えば、ハンコ業界などです。業務効率化の妨げになるとして、ハンコの廃止をデジタル庁が進めているためです。

こう言った業界で働いている場合はすぐに転職した方が良いでしょう。

その他の例では、本屋さんも無くなる業界と言えます。AmazonなどのECが発展著しい反面、本屋さんは廃業が相次いでいます。

業界そのものが存続しそうかどうかは良く調べた方が良いでしょう。

合理化対象になるような仕事

合理化対象になるような仕事の代表例が一般事務などに象徴される、雑用系の仕事です。

企業が人件費をカットする際、派遣社員・一般事務と言った付加価値の小さい仕事はやり玉にあがりやすいので注意が必要です。

将来性のある仕事

将来性のある仕事

筆者はもっとも有望な仕事や業界はIT業界だと考えています。

ここまで見てきたように様々な仕事を合理化する手段は、IT(特にAI)です。そのため、IT業界にいれば合理化される側から合理化する側に回れるのです。

どうしてもやりたい仕事がある場合や、ITが大嫌い、と言う場合を除くとIT業界は当分は安泰だと言えます。

IT業界での仕事も時代の変化に合わせて変えていく必要はありますが、業界そのものが無くなることは考えにくいでしょう。

全くの未経験からAIエンジニアになれるAidemy(アイデミー)と言うプログラミングスクールは特におすすめです。
 関連>> Aidemy(アイデミー)の口コミ・評判【24名の受講生と実体験で徹底分析】

AIエンジニアに限定せずに未経験でのエンジニア転職については以下の記事をご覧ください。
 関連>>【6ステップで解説】未経験からエンジニア転職へのロードマップ
 関連>>【目的別】おすすめのプログラミングスクール厳選7校を徹底比較

転職するか迷っているなら、まずは情報収集からはじめましょう。

転職活動には転職サイトと転職エージェントを併用利用するのがおすすめです。

転職エージェントとは、求職者と採用企業の間を仲介してくれるサービスを指し、転職サイトとは求人案件を見て、求職者が自ら応募するサービスのことを指しています。

おすすめの転職サイト・エージェントの三点セットは以下の通りです。

1位:doda
  【公式】https://doda.jp/
  筆者の3年に渡る転職活動を支えてくれた面倒見の良い業界No2の転職エージェント

2位:リクルートエージェント
  【公式】https://www.r-agent.com/
  業界最大級の非公開求人数を誇る業界No1の転職エージェント

3位:リクナビNEXT
  【公式】https://next.rikunabi.com/
  お宝求人が隠されていることがある業界No1の転職サイト

詳しくは「【doda評判】年収250万円アップした30代後半での3年掛かりの異業種への転職成功秘話」をご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる