【6ステップで解説】未経験からエンジニア転職へのロードマップ

【6ステップで解説】未経験からエンジニア転職へのロードマップ基礎知識

「完全未経験からエンジニア転職に興味があるけど、どうすれば良いのだろう?」
「今の仕事は安定しないし、給料も低いし・・」

エンジニアは人手不足の業界なので、正しい手順を知って努力すれば、完全に未経験からでも転職することはできます。

私はエンジニア歴20年以上で、リクルートで転職関連の事業にも取り組んでいたため、転職方法について詳しいです。また、2回転職しています。

本記事はそう言った経験にもとづき、未経験者がエンジニア転職するための手順・ロードマップについて説明しています。

未経験からエンジニア転職することに興味を持っている方は本記事を最後まで読んでください。

本記事の内容

  • IT業界の理解
  • IT系職種の理解
  • 未経験での転職で求められるプログラミング言語
  • プログラミング言語の学習方法
  • 転職活動のやり方
この記事の筆者
運営者

カエデ

  • 富士通SEを5年、リクルートWebエンジニアを10年
  • 転職サイト リクナビNEXTを担当していたため、ITエンジニアの転職事情に精通
  • 就職や転職の面接などを担当

当ブログ・【ITコンパス】では、未経験でIT業界に転職したい人を応援します!

エンジニアの種類

エンジニアの種類

IT系のエンジニアは大きく分類すると以下の2つになります。

  • アプリケーション系エンジニア
  • インフラ系エンジニア

アプリケーション系エンジニアは、Webサイトなどのアプリケーションをプログラムを組んで開発するエンジニアのことです。

一方、インフラ系エンジニアは、アプリケーションの動作環境であるサーバーと言うコンピューターやサーバー同士が通信するためのネットワーク環境の整備などをを行うエンジニアのことです。

その他にもたくさんの職種がありますが、この2つが最も基本的な2職種です。

未経験から転職できる理由とエンジニアの将来性

未経験から転職できる理由とエンジニアの将来性

エンジニアは未経験者歓迎の求人が多い職種です。その理由は人手不足に尽きます。

以下は求人倍率のグラフです。

求人倍率とは、「転職希望者一人当たりの求人数」のことなので、この数字が大きいほど、転職者はたくさんの求人から企業を選ぶことができます。逆に言うと、企業は採用が難しいのです。

IT・通信の求人倍率は他業種よりも圧倒的に大きいことが分かります。

つまり、IT・通信業種は、他業種よりも転職希望者は転職しやすく、企業の採用は難しいのです。

そのため、企業は未経験者を積極的に採用するわけです。

エンジニアに向いている人・向いていない人

エンジニアに向いている人・向いていない人

未経験からエンジニアに転身して成功している人もいれば、成功していない人もいます。

向き・不向きがある職種だと思いますので、それらについて説明します。

エンジニアに向いている人

エンジニアに向いていると思う人の特徴は以下3点です。

  • 技術習得のために努力できる人
  • 論理的に考えられる人
  • 地道な作業ができる人

まとめると、地道に論理的に考えつつ、新しく登場する技術を学び続ける努力ができる人がエンジニアに向いていると言えます。

エンジニアに向いていない人

エンジニアに向いている人の真逆なのですが、少し、切り口を変えて説明します。以下3点です。

  • 基礎を学ぶための資格勉強(基本情報技術者試験など)をやりたくない
  • 何を言っているのか、分からないと良く言われる
  • 発想力など想像力を活かした仕事をしたい

全て、エンジニアに向いている人の特徴を逆にしているだけですが、こう言った人はエンジニアには向いていません。

もちろん、エンジニアもトップクラスになると発想力は大切ですが、基礎を学ぶ段階ではそう言ったことよりも地道な作業をできる方が大切です。

未経験からエンジニア転職するための6ステップのロードマップ

全くの未経験からエンジニア転職するための6つのステップ

全くの未経験からエンジニア転職するための6つのステップは以下の通りです。

1ステップずつ、説明していきます。

未経験からエンジニア転職するための6つのステップ
  • STEP1
    IT業界について知る

    Tエンジニアを目指すなら、まずはIT業界がどうなっているかを知ろう!

  • STEP2
    IT系職種について知る

    IT業界の職種のうち、未経験から転職できるものを知ろう!

  • STEP3
    未経験での転職で求められるプログラミング言語について知る

    未経験から転職できる職種に求められるプログラミング言語を知ろう!

  • STEP4
    プログラミング言語の学習方法を決める

    プログラミング言語の学習方法にどのようなものがあり、何が良いかを決めよう!

  • STEP5
    プログラミングスクールを選ぶ

    自分に合うプログラミングスクールを選ぼう!

  • STEP6
    転職活動を行う

    効率的な転職活動の方法を知ろう!

【STEP1】IT業界について知る

【STEP1】IT業界について知る

まずはIT業界とはどのような業界なのかを知ることから始めましょう。

IT業界と言っても5つの業界で構成されています。

未経験で転職できる業界はどこなのかを説明します。

5つの業界

IT業界は以下の5つの業界で構成されています。

  • インターネット(Web)業界:Webサイトやスマホアプリを通してサービス提供している業界
  • 情報処理サービス業界:企業の要望に応じてシステム開発を行う業界
  • ソフトウェア業界:個人用/業務用ソフトウェアの開発を行う業界
  • ハードウェア業界:ソフトウェアを動作させるコンピュータ開発を行う業界
  • 通信インフラ業界:コンピュータをインターネット上に公開するためのネットワーク運営を行う業界

未経験から転職できる業界

5つの業界のうち、最も未経験から転職できる会社が多くあるのは「情報処理サービス業界」です。SierエスアイアーやSESと言われる企業があります。

インターネット(Web系)業界は人気ですが、未経験からの転職は簡単ではありません。零細企業が多く、未経験者を育てる余裕がないためです。その他の業界は未経験者の募集はほとんど行っていません。

IT業界については以下の記事も参考にしてください。

IT業界全体⇒「【簡単理解】IT業界地図で業種・職種・年収帯・将来性を分かりやすく説明

IT業界の将来性⇒「【2021年最新】IT業界の今後・将来性や課題、有望な職種を徹底解説

【STEP2】IT系職種について知る

【STEP2】IT系職種について知る

未経験で転職できる情報処理サービス業界、インターネット(Web)業界で募集されている職種について説明します。

情報処理サービス業界への転職

情報処理サービス業界で募集されている職種はSEやプログラマーです。

SEはシステム設計を担当し、プログラマーは設計書に沿って開発します。小さなシステムではシステム設計から開発まで一人で行うこともあります。

情報処理サービス業界にはSier(受託開発)とSESがあります。Sierは企業の依頼を受けたシステム開発を行い、SESは技術者派遣で何でも屋です。

SESよりもSierの方が給料やキャリアなどの面で良いですが、転職しやすいのは圧倒的にSESです。そのため、SESに入り、スキルを身に付け、ステップアップ転職していくのも良いでしょう。

IT系職種については以下の記事も参考にしてください。
SESの問題点⇒「人売りit(SES)企業の見分け方と脱出方法

SierとWeb系の比較⇒「SIerとWeb系の違いと向き不向き|両方の経験から言えること

インターネット(Web)業界への転職

インターネット(Web)業界で募集されている職種はWebエンジニアです。システム設計から開発までを一貫して担当するのが一般的です。

インターネット(Web)業界は服装が自由な会社が多く、自社サービス開発に携われるため、人気があります。しかし、一部の大企業を除くとほとんどが零細企業なので、多忙を極めることが多いのと、スキルの面で未経験者が入ると苦労します。

また、情報処理サービス業界⇒インターネット(Web)業界には転職できますが、逆にインターネット(Web)業界⇒情報処理サービス業界には転職できません。インターネット(Web)業界に転職すると他の業界には転職しづらいため、慎重に判断するのが賢明です。

インターネット(Web)業界の問題点については「Web系はやめとけ!|転職前に押さえておきたいデメリットを解説」をご覧ください。

【STEP3】未経験での転職に求められるプログラミング言語について知る

【STEP3】未経験での転職に求められるプログラミング言語について知る

プログラミング言語にはたくさんの種類があります。しかし、未経験者が転職する際に求められるプログラミング言語の種類は多くありません。

プログラミング言語毎の未経験者歓迎の求人数をまとめると以下の通りです。

プログラミング言語未経験者歓迎の求人数
Java114
PHP98
C言語73
Ruby37

※求人サイトType調べ

各プログラミング言語毎の特徴をまとめると以下の通りです。

プログラミング言語求人数用途学習難易度
Java多いSierで中~大規模のシステム開発で利用やや難しい
PHP多いSier/Web系(自社開発)で小~中規模のシステム開発で利用普通
C言語中くらいスマホアプリ、ゲームなど幅広い用途で利用かなり難しい
Rubyやや少ないWeb系(自社開発)での開発で利用比較的簡単

転職して最も利用する可能性が高いのはJavaですが、やや難しいプログラミング言語です。

PHPは求人数と用途、学習難易度のバランスが良いと言えます。

C言語は止めた方が無難です。全くの初心者の場合、ほとんどの人は挫折すると思われます。

Rubyは学習難易度が低いため、初心者向きです。ただし、求人数は少なく、Web系(自社開発)は人気があるため、転職の難易度は高めです。

なお、未経験者歓迎の採用の場合、何らかのプログラミング言語ができれば良いと言う条件も多いため、Rubyを学ぶのも良いと思います。

【STEP4】プログラミング言語の学習方法を決める

【STEP4】プログラミング言語の学習方法を決める

プログラミング言語の学習方法は独学するか、プログラミングスクールで教わるかの2通りあります。それぞれの特徴は以下の通りです。

独学プログラミングスクール通学
学習時間600~1200時間(6ヶ月~1年)程度300~600時間(3ヶ月~6ヶ月)程度
理解度低い。疑問点解決が難しいため。高い。講師への質疑で疑問点解決するため。
モチベーション維持難しいメンターや学習仲間がいるため、保ちやすい
費用1万円程度(PC費用は含まず)無料~80万円程度(PC費用は含まず)

独学は時間が掛かり、モチベーション維持が難しく、学習内容の理解・定着を図るのは難しいですが、費用は抑えられます。そのため、1年程度掛けて学習を継続させ、分からないことをある程度、自己解決できる自信があるなら独学をおすすめします。しかし、1年程度、一人で学習し続けるのは孤独なので挫折する人は多いです。

一方、プログラミングスクール通学は最大で80万円程度の費用が掛かります。しかし、比較的短時間で学習できるのと講師と言う相談役がいるため、疑問点の解決だけではなく、モチベーション維持しやすいです。

【STEP5】プログラミングスクールを選ぶ

【STEP5】プログラミングスクールを選ぶ

プログラミングスクールを選ぶポイントは以下の通りです。

  • 学習するプログラミング言語:Java/PHP/Rubyのどれか一つを学べること
  • カリキュラム:ポートフォリオ(成果物)作成の時間があること
  • 転職・就職サポート:専属のキャリアアドバイザーによる転職サポートがあること

これらの条件を満たす厳選4校をご紹介します。

プログラマカレッジDMM WEBCAMPCodeCampGATE(コードキャンプゲート)テックキャンプ エンジニア転職
コース名プログラマカレッジDMM WEBCAMP COMMIT 専門技術コースCodeCampGATE(コードキャンプゲート)エンジニア転職
受講資格20代。紹介企業への応募。20代20代20-30代
プログラミング言語Java(メイン)/PHPRubyPHPRuby
オンライン受講ありありありあり
ポートフォリオ作成ありありありあり
専属キャリアアドバイザーありありありあり
料金(税込)無料385,880円※キャッシュバック制度利用時525,800円657,800円
その他特徴最短2ヶ月、最長5ヶ月掛けて学習転職保証(転職・就職に失敗すると返金)マンツーマン指導転職保証(転職・就職に失敗すると返金)

4校のメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

プログラマカレッジDMM WEBCAMP COMMIT 専門技術コースCodeCampGATE(コードキャンプゲート)テックキャンプ エンジニア転職
メリット無料で受講可能転職保証があり、転職失敗で返金されるマンツーマン指導なのでスキルアップには最適30代が受講可能な転職コースあり
デメリット転職先にはSESが多い求人は自由に選べず、受講生の要望に沿って紹介される料金が高め料金が高め

必要なスキルレベルは希望する会社と年齢によって変わります。

条件の良い会社を希望したり、年齢が上がると求められるスキルレベルは上がります。

未経験者のIT転職で年齢毎に求められるものがどのように変わるのかについては「IT転職で年齢による限界はないが、未経験者は要注意。」をご覧ください。

【STEP6】転職活動を行う

【STEP6】転職活動を行う

転職活動は以下の流れで行います。

転職活動の流れ
  • STEP1
    職務経歴書を書く
  • STEP2
    転職エージェント・転職サイトに登録する
  • STEP3
    応募したい求人を探す
  • STEP4
    応募する
  • STEP5
    書類選考を通過したら面接を行う
  • STEP6
    内定

転職活動のポイント2点について説明します。

  • 転職エージェント・転職サイトへの登録
  • 求人探し

転職エージェント・転職サイトへの登録

転職活動には転職サイトと転職エージェントを併用利用するのがおすすめです。

転職エージェントとは、求職者と採用企業の間を仲介してくれるサービスを指し、転職サイトとは求人案件を見て、求職者が自ら応募するサービスのことを指しています。

おすすめの転職サイト・エージェントの三点セットは以下の通りです。

1位:doda
  【公式】https://doda.jp/
  筆者の3年に渡る転職活動を支えてくれた面倒見の良い業界No2の転職エージェント

2位:リクルートエージェント
  【公式】https://www.r-agent.com/
  業界最大級の非公開求人数を誇る業界No1の転職エージェント

3位:リクナビNEXT
  【公式】https://next.rikunabi.com/
  お宝求人が隠されていることがある業界No1の転職サイト

詳しくは「【doda評判】年収250万円アップした30代後半での3年掛かりの異業種への転職成功秘話」をご覧ください。

求人探し

求人探しは未経験者歓迎となっているものから探すことになります。

未経験者歓迎となっていても経験者のみを募集していることも多いので注意が必要です。

未経験者歓迎の意味については「【未経験者歓迎の求人】意味と対策【嘘ではないが紛らわしい】」を読んでみてください。