40代未経験からのIT転職に必要なキャリアの掛け合わせ戦略

40代未経験からのIT転職に必要なキャリアの掛け合わせ戦略

「40代未経験からIT転職したいけど、無理なのかな?」
「どうしても転職したいけど、どうすればいいんだろう?」

こんな悩みにお答えします。

筆者はIT業界歴20年以上でリクルートで転職メディア(リクナビNEXT)開発やITエンジニア採用に携わってきました。その経験から40代未経験からIT転職はおすすめしません。

しかし、どうしても転職したいなら、これまでのキャリアを活かした転職を模索した方が良いでしょう。具体的なキャリア戦略を持たずに転職活動しても100%失敗します。

本記事では40代未経験でのIT転職をおすすめしな理由に加えて、転職を成功させるためのキャリア戦略について説明します。

40代未経験からIT転職に興味がある人は本記事を最後まで読んでください。

なお、未経験からのIT転職には転職エージェント・プログラミングスクールの上手な活用も大切になります。

この記事を書いた人
運営者

<プロフィール>
富士通でSEを5年、リクルートでWebエンジニアを10年
リクルートでリクナビNEXT担当だったため、転職業界に精通
現在は事業会社のIT部門責任者で採用面接の責任者

IT業界は適切に努力すれば、キャリアアップ・年収アップできます。そのコツやポイントをお伝えします。

目次

40代未経験からIT業界に転職するのはやめておいた方が良い5つの理由

40代未経験からIT業界に転職するのはやめておいた方が良い5つの理由

IT業界歴20年以上の筆者が40代未経験からのIT転職をやめておいた方が良いと考える理由は以下の5つです。

  • 管理職や即戦力が求められているから
  • 同じ未経験なら若い人が採用されるから
  • 長く働けないから
  • 一定の年収が求められるから
  • 新規記述について行くのが大変だから

それぞれの理由について、一つずつ、説明します。

管理職や即戦力が求められているから

筆者はリクルートで転職メディア・リクナビNEXTやリクルートエージェントの運営にも関与しました。そのため、たくさんの転職事例に触れています。

それぞれの年代ごとに企業から求められるものは以下の通りです。

  • 20代:ポテンシャルとやる気
  • 30代:実務スキル
  • 40代以上:実務スキルとマネージメントスキル

採用人数も年齢が上がるごとに少なくなります。

上記の通り、基本的には40代で未経験だと採用されません。

ただし、簡単ではありませんが、ITスキルを身に付けた上で、これまでのキャリアと掛け合わせることで転職できます。詳しい話は後述します。

同じ未経験なら若い人が採用されるから

未経験者同士で他に差が無ければ、確実に若い人が採用されます。

2~3歳の年齢差は無いに等しいですが、10歳若ければ、企業としては若い人に可能性を感じるためです。

長く働けないから

大抵の企業で60歳が定年なので、40歳で採用すると定年まで20年ですが、30歳で採用すると定年まで30年です。

企業としては長く働ける方を採用します。

一定の年収が求められるから

40代となると、結婚して子供がいる人も多いでしょう。

そうすると20代の未経験者を採用するよりも多めに年収を出す必要があると企業側は身構えます。

その点で若い方が採用する方も気が楽なのです。

新規技術について行くのが大変だから

IT業界は日進月歩で進化を遂げます。

プログラミング言語、OS等の基本技術は数年おきに更新される程度ですが、インターネットを介して利用できるクラウドサービスは毎月のように変わっていきます。

記憶力が衰えてくる40代未経験からキャッチアップの上、この環境に付いて行くのは間違いなく大変です。

40代未経験からどうしてもIT業界に転職したい場合の3つの心構え

40代未経験からどうしてもIT業界に転職したい場合の3つの心構え

40代未経験からの転職を可能にするキャリア戦略に触れる前に、以下の3つの心構えを説明します。

  • 年収が下がる可能性が高い
  • 年下の上司につく可能性が高い
  • 転職活動は長期化する可能性が高い

それぞれの心構えについて、一つずつ、説明します。

年収が下がる可能性が高い

現職の年収次第ですが、年収は下がる覚悟が必要です。

未経験者が転職してすぐに経験者と同額を貰えることはありません。

ただし、IT業界は成果を上げれば年収はアップするので転職後に頑張りましょう。

年下の上司につく可能性が高い

多くの会社では30代半ばから管理業務につく人が出てくるので、40代転職の場合、上司が年下になる可能性が高いです。

気にする人は気にするでしょうが、この辺りは割り切る必要があります。

転職活動は長期化する可能性が高い

40代未経験者が採用対象になっている求人は絶対数が少ないため、転職活動は長期化する可能性が高いです。

そのため、現職で働きながら転職活動をしましょう。

絶対に現職を辞めて退路を断つと言うことはやってはいけません。

40代未経験からIT業界に転職を成功させるキャリア戦略

40代未経験からIT業界に転職を成功させるキャリア戦略

40代未経験からIT業界に転職を成功させるキャリア戦略の3つのポイントは以下の通りです。

  • 即戦力を目指す
  • 即戦力になるにはキャリアと開発スキルを掛け合わせる
  • 開発スキルは副業のクラウドソーシングで実績を作る

以下、それぞれのポイントについて一つずつ、説明します。
 関連>> IT未経験でのエンジニア転職は厳しい?理由と対処法を徹底解説!
 関連>> IT未経験で転職に失敗する8つの原因と成功に必要な2つの準備

即戦力を目指す

企業が40代を採用する際に重視するのは即戦力かどうかです。

40代をゼロから育てようと言う会社はないため、どうすれば、自分が即戦力になれるのかを考える必要があります。

即戦力になるには、これまでのキャリアと開発スキルを掛け合わせる

40代未経験で即戦力になるには、これまでのキャリアと開発スキルを掛け合わせるしかありません。

例えば、経理職を20年やってきた人が、開発スキルを身に付けたとします。その場合、経理系ソフトを作っている会社から見ると、開発スキルは弱いが経理の現場を知る即戦力と言う評価になる訳です。

このように今までのキャリアと開発スキルを掛け合わせると、人材の希少性が高めることができます。

開発スキルは副業のクラウドソーシングで実績を作る

発スキルは開発現場で使えるレベルだと判断される必要があります。

そのためにはポートフォリオと言われる見本サイトに加えて、クラウドワークスなどのクラウドソーシングで2~3の納品実績があると信用を得やすいでしょう。

即戦力となるためのプログラミングスキル習得

即戦力となるためのプログラミングスキル習得

開発スキルについてはまずは基本を抑える必要があります。ここではどのように基本を学ぶのかを説明します。

  • 独学か、プログラミングスクールか?
  • おすすめのプログラミングスクール

それぞれのポイントについて以下、説明します。

独学か、プログラミングスクールか?

独学で挫折する可能性は9割を超えると言われます。

40代は時間との勝負になるため、プログラミングスクールでシッカリと学習した方が良いでしょう。
 関連>> プログラミング独学できるのか?無理なのか?挫折のポイントとは?
 関連>> 未経験者がITエンジニア転職を有利にするための資格とは?
 関連>> 【事例あり】IT転職で経験者にポートフォリオは必須ではないが、未経験者には必須

おすすめのプログラミングスクール

未経験のエンジニア転職におすすめのプログラミングスクール4校を紹介します。いずれも無料の説明会を実施ているので是非、参加して情報収集して下さい。

プログラマカレッジ
 【公式】https://programmercollege.jp/
20代が無料で利用でき、Java(メイン)/PHPを2~5ヶ月掛けて学習する。転職サポートも充実。

DMM WEBCAMP COMMIT専門技術コース
 【公式】https://web-camp.io/commit/lp/
20代が385,880円で受講でき、Rubyを4ヶ月掛けて学習する。転職・就職に失敗すると返金あり。経済産業省認定講座でカリキュラムは高品質、就職・転職率は98%。

テックキャンプ エンジニア転職
 【公式】https://tech-camp.in/expert/
20代に加え、30代も197,340円~から受講でき、Rubyを3~4ヶ月掛けて学習する。 転職・就職に失敗すると返金あり。 夜間・休日中心の6ヶ月コースもあり。

RUNTEQ
【公式】https://runteq.jp/
卒業時点35歳未満が条件、受講料437,800円 でWeb系(自社開発)希望者には特におすすめ。Web系開発企業内定率は驚異の98%。9ヶ月1,000時間のハードな学習で高度な卒業制作ポートフォリオを開発できるスキルを習得可能。

クラウドソーシングでの実績の作り方

クラウドソーシングでの実績の作り方

自身の開発スキルを証明するにはクラウドソーシングで実績を2~3件作ると良いでしょう。

事績を作るためのコツは以下の2つです。

  • 見た目の良いポートフォリオを作る
  • しっかりとした提案と競合よりも若干の値引きを行う

それぞれのコツについて、一つずつ、説明します。

見た目の良いポートフォリオを作る

見た目が良いとはキレイと言う意味ではなく、分かりやすいデザインと言う意味です。

分かりやすいためには、キチンと情報が整理されている必要があります。様々なサイトを見て参考にすると良いでしょう。

ポートフォリオの出来が悪いと発注が来ないため、力を入れて開発しなければなりません。

しっかりとした提案と競合よりも若干の値引きを行う

クラウドソーシングで実績を作る目的は、就職活動のPR材料にするためです。

そのため、受注が無ければPR材料が作れません。

競合よりも若干の値引きをすると受注しやすくなります。売上よりも実績作りを目的に頑張りましょう。

40代未経験から転職可能な企業や職種

40代未経験から転職可能な企業や職種

ここまでの説明を踏まえ、40代未経験から転職可能な企業や職種について説明します。

簡単な振り返りは以下の通りです。

  • 40代未経験からIT転職するためには即戦力になる必要がある
  • 即戦力になるになるには、これまでのキャリアを活かした開発職になるのが良い
  • 開発スキルはプログラミングスクールで学び、クラウドソーシングで実績を作ると説得力が出る

ここまでの説明を踏まえ、主に以下の2職種がおすすめです。

  • Web系(自社開発)のアプリケーション開発エンジニア
  • SIerのアプリケーション開発エンジニア

それぞれの職種について、一つずつ、説明します。

Web系(自社開発)のアプリケーション開発エンジニア

これまで利用していたWeb系アプリケーション開発の開発元への転職が理想です。例えば、人事・経理の場合は以下のような会社・サービスです。

  • 人事→SmartHR
  • 経理→freee、マネーフォワード、楽楽明細

これまでのキャリアに関連するアプリケーション開発を行っている会社に入ると、開発スキルが多少劣っていても現場感があるため、重宝されます。

自身の業務に関連するアプリケーション開発について良く調べてみることをおすすめします。

SIerのアプリケーション開発エンジニア

SIerで例えば、人事・経理等の特定領域を得意とする部隊にアプリエンジニアとして入っても、Web系(自社開発)と同様に重宝されます。

特に細かい使い勝手については現場で長年業務を行ってきた人の意見は何よりも参考になるものです。

こちらはたくさんの求人に当たってピッタリのものを探しましょう。

40代未経験からIT転職にはおすすめの転職エージェント

40代未経験からIT転職にはおすすめの転職エージェント

ここまでにキャリアアップの方向性、転職をおすすめする企業や職種について説明してきました。

最後に肝心の転職活動についてですが、こちらは大量に求人にあたってピッタリのものを探しましょう。

転職活動には転職サイトと転職エージェントを併用利用するのがおすすめです。

転職エージェントとは、求職者と採用企業の間を仲介してくれるサービスを指し、転職サイトとは求人案件を見て、求職者が自ら応募するサービスのことを指しています。

おすすめの転職サイト・エージェントの三点セットは以下の通りです。

1位:doda
  【公式】https://doda.jp/
  筆者の3年に渡る転職活動を支えてくれた面倒見の良い業界No2の転職エージェント

2位:リクルートエージェント
  【公式】https://www.r-agent.com/
  業界最大級の非公開求人数を誇る業界No1の転職エージェント

3位:リクナビNEXT
  【公式】https://next.rikunabi.com/
  お宝求人が隠されていることがある業界No1の転職サイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次