30代未経験からのITエンジニア転職は無理ではなく可能!?成功の秘訣とは?

30代未経験からのITエンジニア転職は難しいが可能基礎知識

「30代未経験からエンジニア転職したいけど、無理かな?」

と言う悩みを抱えている人は多いと思います。難しいですが、ポイントを抑えれば転職できます。

本記事では以下について説明します。

  • 30代未経験でエンジニア転職が難しい理由
  • 転職を成功させるポイント
  • 未経験でエンジニア転職するための方法

30代未経験でのエンジニア転職に興味がある方は本記事を最後まで読んで下さい。
 関連>> 【6ステップで解説】未経験からエンジニア転職へのロードマップ

この記事の筆者
運営者

カエデ

  • 富士通SEを5年、リクルートWebエンジニアを10年
  • 転職サイト リクナビNEXTを担当していたため、ITエンジニアの転職事情に精通
  • 就職や転職の面接などを担当

当ブログ・【ITコンパス】では、未経験でIT業界に転職したい人を応援します!

30代未経験からエンジニア転職する際に必要な7つの覚悟

30代未経験からエンジニア転職する際に必要な7つの覚悟

IT業界は人手不足の状況が続いているため、他の業界と比較して未経験から転職しやすい業界です。しかし、そうは言っても未経験からの30代で転職するのは大変な面もあります。

そう言った30代未経験転職に必要な7つの覚悟について説明します。

  • 20代よりも未経験転職ははるかに難しい
  • 未経験転職できる限界年齢は35歳
  • 同じ魅力なら若い人が採用される
  • 一時的に年収が下がる
  • 採用されても3年程度は平日夜や週末もスキルアップに励む必要がある
  • エンジニア職に活かせる何らかの経験が必要
  • 転職後は上司が年下になる可能性が高い

それぞれについて以下、説明いたします。

20代よりも未経験転職ははるかに難しい

IT業界でも未経験者採用の中心は20代です。30代は経験者採用がほとんどです。
 参考>> IT転職で年齢による限界はないが、未経験者は要注意。

そのため、未経験者歓迎の求人数は20代と比較して30代はかなり少なくなります。企業は同じ能力なら伸び代や勤続年数を考えると若い方が良いと考えるわけです。
 参考>> 【未経験者歓迎の求人】意味と対策【嘘ではないが紛らわしい】

少ないと言っても30代の未経験者歓迎の募集を行なっている企業数はそれなりにあります。

未経験転職できる限界年齢は35歳

30代募集の未経験者求人でも、ほとんどの企業で年齢の上限は35歳に置かれています。35歳以上は経験者募集がほとんどになります。

もちろん、1~2歳は誤差の範囲内なので現実には企業に気に入られれば、37歳程度までは採用されます。しかし、38歳以上の未経験者の採用はほとんどありません。

30代未経験者でエンジニア転職したいなら、一歳でも若い方が有利なので急いで転職活動しましょう。

同じ魅力なら若い人が採用される

企業から見て同じくらいの魅力だと感じられれば確実に若い人が採用されます。

スキルレベルについては実務経験がない以上は一定の理解度に達しているかどうかを見られます。そして、一定のレベルに達していた場合はスキル面以外20代にない魅力が求められます。

これまでの仕事経験の中からエンジニア職に役立つ若手にない強みを絞り出す必要があります。

30代ならではの強みについては、本記事の「転職を成功させるポイント」で説明します。

一時的に年収が下がる

未経験転職になるため、一時的に年収は下がるケースが多いと思います。ただし、他の業界よりも年収水準が高いため、人によっては上がる人もいるかもしれません。

しかし、全体的に見ると一時的に下がる人が多いため、覚悟は必要になります。

一時的と言っているのは、スキルアップに伴って年収も上がるためです。年収が上がる速さはスキルアップのスピード次第です。

採用されても3年程度は平日夜や週末もスキルアップに励む必要がある

30代未経験で入社した場合、一刻も早く、同年代の社員のレベルに追いつく必要があります。

追いつくつもりで勉強しなければ給料も上がりません。

そのためには平日夜や週末も3年程度は勉強し続ける必要があるでしょう。

エンジニア職に活かせる何らかの経験が必要

採用する側は、30代ならではの経験やスキルをIT業界で活かせることを期待して採用します。

そう言ったエンジニア職に活かせる何らかの経験を整理する必要があるのです。

例えば、顧客と仲良くなるのが得意などでも良いのです。なお、こう言うタイプは結構、重宝されます。

転職後は上司が年下になる可能性が高い

SIer/SES、Web系(自社開発)など業種を問わず、28歳くらいからチームリーダー(係長)と言った役職に就く人が出始めます。

そのため、30代で転職した場合、上司が年下になる可能性が高いです。

年下上司と年上部下は両方、やりにくいものですが、特に年上部下にはある種の覚悟が求められます。未経験転職なので新人と言う扱いになるためです。

転職を成功させるポイント

転職を成功させるポイント

30代未経験での転職は大変だと言うことを説明してきました。しかし、実際には30代未経験でエンジニア転職している人は多数います。

転職成功のポイントは以下3点です。

  • 年齢に合わせたアピールポイントを見つける
  • 登録できる限り、たくさんの転職サイト・転職エージェントに登録する
  • アプリ系エンジニア志望の場合、ポートフォリオを作り込む

それぞれのポイントについて以下、説明します。

年齢に合わせたアピールポイントを見つける

就業経験があれば、エンジニアとして活かせる経験やスキルを探してアピールする必要があります。

20代にない30代ならではのアピールポイントとしては以下のようなものがあります。

  • コミュニケーション力
  • マネジメント力(将来求められるスキル)
  • 業界知識・業務知識

コミュニケーション力は分かりやすい説明や相手の話を理解できると言うものに加えて、お客さんと仲良くなるのが得意なども含まれます。

マネジメント力は職種が違ってもチームリーダーなどで人をまとめた経験があると将来的な管理職候補として期待されます。

業界知識・業務知識は、特にSIerの顧客業界の出身者だと重宝されます。この辺りも調査の上で応募先を選ぶと良いでしょう。

登録できる限り、たくさんの転職サイト・転職エージェントに登録する

30代未経験者歓迎の求人数は多くありません。そのため、可能な限り、多くの転職サイトや転職エージェントに登録することをおすすめします。

筆者自身も利用して転職成功に導いてもらった転職サイトと転職エージェントをご案内します。

転職活動には転職サイトと転職エージェントを併用利用するのがおすすめです。

転職エージェントとは、求職者と採用企業の間を仲介してくれるサービスを指し、転職サイトとは求人案件を見て、求職者が自ら応募するサービスのことを指しています。

おすすめの転職サイト・エージェントの三点セットは以下の通りです。

1位:doda
  【公式】https://doda.jp/
  筆者の3年に渡る転職活動を支えてくれた面倒見の良い業界No2の転職エージェント

2位:リクルートエージェント
  【公式】https://www.r-agent.com/
  業界最大級の非公開求人数を誇る業界No1の転職エージェント

3位:リクナビNEXT
  【公式】https://next.rikunabi.com/
  お宝求人が隠されていることがある業界No1の転職サイト

詳しくは「【doda評判】年収250万円アップした30代後半での3年掛かりの異業種への転職成功秘話」をご覧ください。

アプリ系エンジニア志望の場合、ポートフォリオを作り込む

ポートフォリオとは転職活動のアピールで使うWebサイトなどの成果物のことです。

ポートフォリオは全ての会社で必須と言う訳ではありません。しかし、極力、アピール材料があった方が良い30代未経験者は苦労してでもポートフォリオを作った方が良いでしょう。

それもチーム開発ではなく、自力で作ったものでなければ評価されません。ひな形があるようなものではなく、オリジナルなものを作りましょう。

こんな企業を選べ!

こんな企業を選べ!

転職で最も大切なのは企業選びです。特に30代未経験から転職を目指す場合、失敗できません。

ここでは企業選びのポイント3点を説明します。

  • 即戦力が求められるWeb系(自社開発)よりもSIerやSESを選ぶ
  • 優良なSES選びのポイントは定量的な指標と社長の人柄
  • スキルアップで給料アップする会社を選ぶ

ポイント3点それぞれについて以下説明します。

即戦力が求められるWeb系(自社開発)よりもSIerやSESを選ぶ

未経験者に人気のWeb系(自社開発)ですが、よほど、思い入れの強い人を除くと避けた方が良いでしょう。Web系(自社開発)は未経験者を育てる余裕がないためです。ついて行けずに辞める人も多いのです。
 関連>> Web系(自社開発)はやめとけ!|転職前に押さえておきたいデメリットを解説

30代未経験者はSIerやSESをおすすめします。未経験者採用に慣れているためです。

Sier については研修制度の充実ぶりなどを参考に選ぶと良いでしょう。

優良なSesの選び方については以下で詳しく説明します。

優良なSES選びのポイントは定量的な指標と社長の人柄

sesにはブラック企業も多いので、【sesランキング】を参考に企業選びを行うと良いでしょう。

転職者による口コミサイトであるopenwork やenライトハウスなどで評判を確認の上、社長の人柄のチェックが重要です。会社は社長次第だからです。

社長面接がある場合はそこで人柄を見ることができますが、そう言った機会がないなら会社のwebサイトなどでチェックするのも良いでしょう。

スキルアップで給料アップする会社を選ぶ

給料制度が求人で説明されている場合は必ずチェックしましょう。

求人に説明がない場合は口コミサイトであるopenwork やenライトハウスなどで確認しましょう。

給料がどんどん上がる会社は稀ですが、未経験からスタートしてスキルアップで給料アップに繋がらないと辛いものがありますものね。

給料は一般的には業績が良い会社の方が上がりやすいため、会社の業績も合わせて確認することが重要だと言えます。

未経験のエンジニア転職で失敗する人の特徴

未経験のエンジニア転職で失敗する人の特徴

エンジニア転職に失敗する人には以下の3つの共通する特徴があります。

  • エンジニアになるために必要なスキルを身に付けていない
  • 転職に関する一次情報を集めていない
  • 一次情報ではなく、ネットの情報だけで判断している

30代未経験でエンジニアになるためにはプログラミングなどのスキルを身に付けておく必要があります。

また、ネットにある情報だけで判断せずに自分の足を使って情報を取りに行く努力が必要です。2つくらいの転職エージェントで話を聞けば、30代未経験でのエンジニア転職に関する必要な情報を得ることができます。

こう言った努力を惜しむ人は転職を成功させることができません。

行動力が成功するのかどうかを決めます。

藤堂楓
藤堂楓

積極的に行動して情報を取りに行きましょう!

転職に必要なサービス

転職に必要なサービス

転職に必要なサービスが二つあります。

  • スキルを身に付ける⇒プログラミングスクール
  • 求人を探す⇒転職サイト・転職エージェント

2つのサービスそれぞれについて説明します。

おすすめのプログラミングスクール

30代未経験者におすすめできるプログラミングスクールは多くありません。ここでは30代におすすめできる2校を紹介します。

SIer/SES希望ならテックキャンプ、Web系ならポテパンキャンプがおすすめです。

テックキャンプ エンジニア転職ポテパンキャンプ Webアプリケーションコース
受講条件30代までなし
料金(税込)197,340円
※厚生労働省指定講座で専門実践教育訓練給付制度の活用によって56万円減額
22万円
学習できる言語RubyRuby
ポートフォリオ作成
※ポートフォリオは転職活動のアピールで使う成果物
・あり
・カリキュラムにポートフォリオ作成の時間が取られている
・あり
・カリキュラムにポートフォリオ作成の時間が取られている
受講方法オンラインオンライン
転職サポート専属キャリアアドバイザーがいる専属キャリアアドバイザーがいる
特徴・転職保証(転職・就職に失敗すると返金される)
・30代の比率は30%
・ITエンジニア正社員への就職・転職率は99%と高い
・受講生の90%が未経験者だが、98%がWebエンジニアに転職成功
・累計10,000人以上の転職支援実績

しかし、どちらも一度、無料相談を行ってみることおすすめします。押し売りされるようなことはありませんし、参考になる話が必ず聞けます。

おすすめの転職サイト・転職エージェント

転職活動前に転職サイトと転職エージェントに登録しましょう。

藤堂楓
藤堂楓

転職エージェントの無料面談で情報収集してください。プロのキャリアアドバイザーと話すことで有益な情報が得られます。

転職活動には転職サイトと転職エージェントを併用利用するのがおすすめです。

転職エージェントとは、求職者と採用企業の間を仲介してくれるサービスを指し、転職サイトとは求人案件を見て、求職者が自ら応募するサービスのことを指しています。

おすすめの転職サイト・エージェントの三点セットは以下の通りです。

1位:doda
  【公式】https://doda.jp/
  筆者の3年に渡る転職活動を支えてくれた面倒見の良い業界No2の転職エージェント

2位:リクルートエージェント
  【公式】https://www.r-agent.com/
  業界最大級の非公開求人数を誇る業界No1の転職エージェント

3位:リクナビNEXT
  【公式】https://next.rikunabi.com/
  お宝求人が隠されていることがある業界No1の転職サイト

詳しくは「【doda評判】年収250万円アップした30代後半での3年掛かりの異業種への転職成功秘話」をご覧ください。